ふくおかライフ

福岡発信!さまざまな情報をご案内するページです。

*

ソラリアステージ ~名物 ちんめん あま太郎の巻~

2017/09/27

気になってはいたのです。

そう、気になるでしょ、“ちんめん” ってなんや?って。

漢字で書くと、珍麺なの?

それとも漢字はないの?

なにーーー?“ちんめん” って??

サンプルを見る限りではいたって普通のラーメンに見えるんですけどー。

お店の前は何度も通ったことがありますが、入ったことはなかったのです。

そんなこんなで、この日は、ソラリアステージの地下2階にある “名物 ちんめん あま太郎” に行くことになりました!

名物 ちんめん あま太郎” のホームページによると“ちんめん”の定義は以下のように書いてあります。

ちんめんとは?

命名に苦慮した先代が「珍しい麺」の意で名づけた玉子麺です。

先代がかつて、韓国で食した冷麺の味をヒントに、試行錯誤の末完成したのがあまり酸っぱくない“ひやしちんめん”です。
また“ホットちんめん”は鶏がらスープのあっさり醤油味で、ラーメンとは違うそのノスタルジックな味わいと卵麺は、クセになりそうな食感。

 

ほっほー。

ホームページに記されている店名は、ちんめんのあとに登録商標の®がしっかりついています。

大切な名前なんだな。

全然関係ないけど、“試行錯誤の末 完成” したと書いてあるのに、ぱっと見 “試行錯誤の 未完成” と読んでしまいましたw

いえ、ちゃんと完成して販売しています!

じゃー、その原点とも言えるちんめんをいただいてみましょう。

ということで特派員のチョイスはこれ。

【冷やしちんめん・680円】

私が作る冷やし中華にそっくりw

キャベツではなくトマトを使いますが。

ちょっと寄ってみますね。

すみません、画像を見て気がつきました。

ちんめんの麺が写ってないし、試行錯誤したであろう“あまり酸っぱくない”スープも写っていませんでしたねー。

文章にするときに気がつくんですよね、あれも撮っておけばよかった、これも撮っておくべきだったな、ってことに。

麺そのものは、黄色の細めの縮れ麺で、もっちりとした食感でした。

そしてこちらが私のチョイス。

【白いは菜まるちんめん・820円】

白濁した鶏がらスープのチャンポン風ちんめんです。

野菜がたっぷり使ってあるのでヘルシーな感じがしますね。

あっさりいただくことができます。

確かに、ラーメンでもなく、うどんでもなく、ちんめんでした。

でも限りなくラーメンに近いと思いますよー。

あっさり系の。

おまけ情報として。

メニューにはカキフライもあるし、アルコールを頼むと小袋入りの柿ピーがついてきます。

あれ?なんで知ってるのかな??

それはご想像におまかせしますーw

 

 

 

名物 ちんめん あま太郎
〒810-0001
福岡市中央区天神2-11-3
ソラリアステージビルB2F
092-733-7088

11:00~22:00(ラストオーダー21:30)

元旦のみ店休日

↓↓↓場所はここ↓↓↓

-ランチ
-, , , ,