ふくおかライフ

福岡発信!さまざまな情報をご案内するページです。

*

喫茶くにひろ でランチを食べてみました。

2017/08/31

暑いけど、お昼休みくらいは会社から脱出だ!

ということで、この日はショッパーズ方面へ。

3つほど候補のお店を決めていました。

会社から一番近いお店は、やや女子率高め、外から見る限り座れる場所がなさそうでした。

またにしよう、ということでしばらく歩きます。

次のお店は外からは中の様子が全くわからず。

どうする?ここにする?と言いながら周辺をきょろきょろ。

ん?あっちに喫茶店のようなお店を発見!

ランチあるんじゃないの?と近づいてみました。

あった、あった、ランチありました。

で、そこに行ってみることにしました。

お店の名前は “喫茶くにひろ” です。

チサンマンションの1階に入っているお店です。

かどっこにあり、ガラス張りなのでお店の中がよくわかりますw

常連さんのような方が4~5人座っておられます。

お一人さまが多いかな。

入り口には日替わりランチの内容が書いてあります。

しかもたくさんずらりと。

この中から好きなものをいくつか選ぶタイプかな?と想像しながら中へ入りました。

昭和の喫茶店のような店内です。

メニューを見ると、ナポリタンやミートソースのようなパスタがワンコインの500円からあります。

ごはんも、カレーライスのワンコイン500円を筆頭に、リーズナブルな価格設定です。

目立つのは、オムカレーの800円、ハンバーグカレーの850円くらいですねー。

隣のテーブルの人はオムライスを食べておられました。

少し悩んだけど日替わりを2つ頼むことにしました。

「弁当ふたつ~~~。」と厨房へ伝える声が。

あー、なるほど。

入り口に書いてあったたくさんの日替りメニューは、幕の内弁当のようなお重の中にすべて入っているのね。

納得。

じゃじゃーん、これが日替りランチ(600円・税込)です。

品数多いですよね。

アルミカップに入れてあるあたり、昭和だし、お母さんのお弁当って感じがしませんか?

おふくろの味がしそうな予感。

手前のアルミカップはところてん。

九州は酢醤油ですよね?

関西で育った私、ところてんは甘い食べ物だという認識があり、あまり好きではありませんでした。

むしろキライな部類。

でも九州に来てから食べられるようになりました。

大人になったなー。

酸っぱいのは得意ではありませんが、青海苔なんかをかけておいしくいただいてます。

ここ、くにひろではゴマがかかっていました。

一番手前はハンバーグです。

これだけがほかほか湯気が出ていました。

その左は白身魚のフライのタルタルソースがけです。

もちろんフライは冷凍、でもソースはお手製でした。

マヨネーズたっぷりのタルタルではなくて、コールスローサラダよりのタルタルでした。

そしてこれ、ナスの煮浸し♪

なす、大好き!

おいしかったです。

全体的にお母さんが作るお弁当という感じでした。

最後に、ここ、分煙ではありません。

ランチのあと、コーヒーでも飲みながら一服、が可能です。

愛煙家のかたには最適だと思います。

実際、この日、周りのかたはすべて喫煙しておられました。

常連さんは愛煙家が大いに違いない!

 

 

 

喫茶くにひろ
〒810-0001
福岡市中央区天神4丁目5−10
チサンマンション第2天神 1F
092-734-6566

営業時間 8:00〜18:00

定休日 日・祝

↓↓↓場所はここ↓↓↓

-ランチ
-, , ,