ふくおかライフ

福岡発信!さまざまな情報をご案内するページです。

*

今回もカレー!益正でカレー♪

2018/01/16

新しい年になってカレーばかり食べているようですが、そうではありません。

たまたま、です。

寒くなったので地下活動が増え、路面店へ足を運ぶ機会が減っている今日この頃ですが、この日は外を歩いて益正へ行きました。

前回の記事では、メニューが “益正一押し新メニュー” に変わっていたこと、【唐揚げ定食・702円(税込)】と【チキン南蛮定食・736円(税込)】を食べたことを書きました。

特にこれを食べよう!と思って行ったのではなかったので、お店に入ってから、メニューを見て決めることにしました。

益正のオーダーはタッチパネル方式です。

この “益正一押し新メニュー” を見ながらポチります。

偶然ですが、この日は特派員も私もカレーをチョイス!

“~新たにコクをプラス 新益正カレー~”と書いてありますね。

新益正カレー

特派員は入店時ココロに決めていたメニューがあったようです。

それがこれ。

【カツカレー&ナポリタン 800円(税抜)】

がっつりいきますねー。

トルコライスみたい。

見よ!この躍動感!

早すぎでついて来ることのできない、そこのあなた!

動体視力を鍛えましょうw

目が悪くなったわけではありませんのでご安心を。

ちょっとズレただけです、フォーカスが。

半熟玉子カツカレー・・・

これってもしかしたら前々回の記事で私が疑問に思っていた “たまごフライカレー” なのでは?といま気がつきました。

無意識のうちに同じものに興味を持つものなんだなあと我ながら感心してしまいました。

この日はそれを注文しました。

届いたのはこれ!

【半熟玉子カツカレー 600円(税抜)】

あれ?カツ乗ってないやん?と思ったでしょ?

思いませんでした??

私は思ったのです、カツないやん、って。

なるほどー、カツってお肉じゃなくてもカツなんだね。

パン粉をつけて油で揚げたものをカツって言うんだね。

だから卵をフライにしたら、玉子カツなんだよー。

と、納得させてみたものの、なんとなく違和感が。

Wikiでカツの項目を調べてみたらこう書いてありました。

カツは、牛肉・豚肉・鶏肉などの素材にパン粉をつけて、油で揚げた日本の料理であり、カツレツの略とされる事もある。

「豚カツ」が代表的な料理であり、単に「カツ」と言った場合に「豚カツ」を指す事がある。これは、材料の違いにより「牛カツ」・「チキンカツ」などと呼ばれる揚げ物料理の総称である。材料を魚類とした場合は、フライと呼ばれる事がある。

あれれ?

やっぱお肉やん。

しかも、その下のほうにある “様々な具材によるカツ” という項目にはこう書いてあります。

豚カツ - 豚肉を使用
牛カツ - 牛肉を使用
チキンカツ - 鶏肉を使用
メンチカツ - ひき肉を使用し、揚げ油で揚げたもの
串カツ - 竹の串に刺した様々な具を揚げたもの。大阪に多い。
ハムカツ - スライスしたスパム缶詰や、豚肉のハムを、油で揚げたもの
海老カツ - エビのミンチを使用。エビフライはエビの身を崩さずに衣をつけて揚げたものである。
マグロカツ - マグロを使用
鯨カツ - 鯨肉を使用
レバーフライ - レバーを使用
イカカツ

これによると、卵は具材の中にありません。

標準品ではなく、特注品という感じでしょうか。

じゃーさー、玉子カツって表現は若干微妙な感じじゃないのー、なんて思ったりしてw

以前の “たまごフライ” のほうが誤解を招かなくてよいのかも。

“たまごフライ” なら、(トン)カツがのってるとは思わないでしょ?

たまごのフライがのっているカレーだと思いますよね。

私と同じように思った人はいないのかなあ?

ん?半熟?

半熟・・・。

ではないような気がします。

もう少し真ん中の部分を割ってみました。

すると、

半熟なんじゃないの~?

と特派員。

黄身の部分がしっかり茹でられていないから半熟なんだよ、だって。

そっかー。

私は、半熟玉子カツ(あえてこの表現にしてみました。)を割ったら、黄身がとろりと出てくるのを期待していたのです。

だから期待はずれ。

まあ、これを半熟と呼ぶのなら仕方ないかー。

この次は何を食べようかな♪

 

 

 

博多くいもんや 益正 天神本店
〒810-0001 福岡市 中央区天神1丁目13−28
つくしビル1F

092-737-5820

平日 【昼】11:00〜15:30 【夜】17:00〜23:30
土曜 【昼】11:00〜14:30 【夜】17:00〜22:30

ランチ営業あり

日曜・祝日 休み

↓↓↓場所はここ↓↓↓

-ランチ
-, , , ,